2006年 05月 21日

ボン散策

ボンは第2次世界大戦後に西ドイツの首都に指定されたが、首都がベルリンに移って以来あまりその名を聞くことがなくなったように思う。少なくともメディアに登場する機会は激減した。この街はこぢんまりした大学町。ボン大学はあまりにも美しく広大で、若い学生たちに混じって多くの社会人も学んでいることをうかがい知る事ができた。
e0054938_1345431.jpg


ピンク色の外壁がかわいらしい市庁舎の前のマルクト広場では、野菜や花などを売る出店が多く、この時期が旬でもあるドイツ名物の白アスパラ「シュパーゲル」を求める市民でごったがえしていた。
e0054938_1372939.jpg


ちなみに、ボンという町はベートーベンの家があることでも有名。実際は彼はいろんな家に移り住んでいたようだが、きちんと残っているのはこの家だけだという。生家の内部は博物館としてベートーベンが使用した楽器類や直筆の楽譜、補聴器、家具などが展示されていた。
e0054938_140654.jpg


尚、ベートーベンハウスの存在を知らしめる壁画が近くの家の壁に描いてあったのだが、どうもその顔がブサイク、、、。確かにベートーベンといえばこんな顔が真っ先に思い浮かぶが、きっと本人は笑顔も見せていたはず。笑顔の写真を残しておくのって大切かもしれませんね。
e0054938_1411247.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-21 01:42 | 僕の散財日記
2006年 05月 19日

ブリュールのアウグストゥスブルク城

ケルンから南に約13kmほど行ったところにブリュールという小さな町がある。そこにあるのがケルン大司教の城館であるアウグストゥスブルク城。1725年から1768年にキュベリエらによって建てられたという世界遺産である。
e0054938_1184534.jpg


€4を支払ってガイドツアーに付いて行ったのだが、ドイツ語解説ということでほとんど訳がわからず、、、。それでも美しい吹き抜けや煌びやかな装飾はスケールが違う。大陸文化における繁栄期というのは、島国におけるそれとは相当に違うのであろうと率直に感じた。

ちなみに建築物のみではなく、庭園の美しさとスケールの大きさにも目を見張るものがある。ナスカの地上絵を髣髴とさせるシンメトリーのイングリッシュガーデン。そこに流れる空気と時間がとにかく美しい、、、。
e0054938_1223030.jpg


e0054938_1224716.jpg



尚、悲しいことに見事に刈られた並木道を覗き込んだときに心に浮かんだのが「冬のソナタ」であったことには我ながら情けなさを覚えた(笑)。
e0054938_1251099.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-19 01:16 | 僕の散財日記
2006年 05月 11日

ドイツでもくるくるソーセージ!!

以前靖国神社の屋台で遭遇したくるくるソーセージがドイツにもありました。カールシュタッドという、いわば三越のようなデパートに入ってすぐに発見しました。
e0054938_8235028.jpg



ちなみに、くるくるソーセージだけではなくサッカーボールソーセージもありました。そのほかにも街中でワールドカップ便乗商売が多発!!!観戦に来た日本人なんか絶好のターゲットなんだろうなぁ、、、。
e0054938_8254150.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-11 08:22 | 僕の散財日記
2006年 05月 10日

Joana

うっかりJoanaにチョコレートクッキーを渡したら、こんなんなっちゃいました、、、(笑)。
e0054938_8134135.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-10 08:12 | ファンキーなヒトビト
2006年 05月 09日

ケルン散策

今日はケルンのシティセンターを散策。緑が多い美しい町並みである。まずは世界遺産にも指定されている大聖堂を見学。1248年に着工し、1880年に完成したというヨーロッパならではのスケール。157メートルの高さを誇る非常に美しくも威厳のあるゴシック建築の寺院である。外観もさることながら、内部の回廊の広さや鮮やかなステンドグラスに目を奪われた。
e0054938_541218.jpg



次に向かったのはコロンのお店。フランス語で「ケルンの水」という意味のオーデコロン発祥の店「4711」に行ってきた。この店は1792年に創業し、その2年後にはナポレオン軍がドイツを占領。ナポレオン軍による市街地整備の一環として、各住戸に番地がつけられた。そう、この店は4711番地にある。当時、ナポレオン軍の兵士が好んでフランスに持ち帰ったことから世界中に広まったらしい。これまたスケールがでかい!!
e0054938_5411947.jpg



ランチはケルンでも1、2を争うくらいの老舗パブでライニッシャー・ザワーブラーテンという料理を食べた。赤ワインと酢に漬け込んだ牛肉を焼いて、その後煮込んだというこの地方の名物料理。リンゴのジャムみたいなものと一緒に食べるのだが非常に美味しかった。ただし、量が多い、、、。
e0054938_5413772.jpg



帰りにホーエ通り近辺でドイツ名産の白アスパラ「シュパーゲル」を購入。とにかくでかいのなんのって、アスパラというよりも太目のドラムスティックみたいである(笑)。家に持ち帰って、湯がいて、特性ソースをかけていただいたのだが「旬」なひと時であった。ごちそうさまでした。
e0054938_5415550.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-09 23:43 | 僕の散財日記
2006年 05月 09日

TASCHEN本社

今日はケルン市街を散策。途中でTASCHENの本社にお邪魔してきた。言わずと知れたアート&デザインの書籍で一線を画すTASCHENの本社は、周囲のモダンな建物とは違い、白亜の美しくも重厚感のある建物の中にある。

受付のオフィスには早速巨大な写真が飾ってある。よく見るとなんと十数年前と思われる渋谷の写真ではないか。話を聞いてみたところ、著名なフォトグラファーによる作品だそうだ。いやぁ、写っているサラリーマンが時代を感じさせますね、、、。
e0054938_23365926.jpg



その他にもいたるところにアート作品が並べられており、なるほど創造性を刺激するオフィスである。ハイテクオフィスもいいけど、リラックスして仕事に没頭できる空間もいいですね。天井は高く、建物内はすべて真っ白。外界の喧騒から離れたちょっとした異空間です。さりげなく飾ってある写真がHelmut Newtonのものだったりするし、、、。凄すぎます!!

e0054938_23395675.jpg
e0054938_23431981.jpg



その後、エディターのJulius Wiedemannとランチ。地元のパブで、もちろんケルシュビールを飲みながらです。帰国前に再度ショップに行って、これから発行予定という「ADVERTISING NOW」を買ってこないと!!って、発売前ということはまだ買えないのか、、、。う~ん、わがまま言って譲ってもらわないと。

e0054938_2348832.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-09 23:31 | 僕の散財日記
2006年 05月 08日

モーゼル川とコッヘム帝国城

今日はケルンから1時間ちょっとドライブをして、モーゼル川沿いのコッヘムという街に行ってきた。ライン川とモーゼル川が合流するコブレンツという街を抜けると、中世の美しい町並みが見えてくる。途中、ニュルンブルクを抜けるのだが、F1サーキットがあるせいか道路標識にはレースカーが描かれていた。そうそう、高速道路を運転していったのだが、さすがドイツ。とにかく速い速い。平均速度130kmで、もちろん160kmくらいで走っている連中もいる。ドイツ車が優れているのも当然である。ただし、車が早すぎて虫が避けられないのか、フロントガラスは虫が衝突して潰れた跡だらけ。どの車もそうだった。これってビジネスチャンス?それともドイツ人は気にならないのかなぁ??
e0054938_15254112.jpg


コッヘムではまるでディズニーランドにでもいるかのような錯覚を覚えたが、よく考えたらディズニーランドは中世ヨーロッパを模して作られているので当たり前か。むしろこちらが本物のディズニーランドといったところである。ここにミッキーが歩いていても違和感はない(笑)。
e0054938_15255820.jpg


コッヘム城は一度はフランス軍に破壊されたそうだが、その後1689年に個人によって買い取られ、ゴシック調の建築物として再建された。内装はすべて19世紀の上流社会の邸宅に見られたものばかりで、アールヌーボーとゴシックの融合した威厳と格調の高い雰囲気を醸し出していた。なんとモーゼル川やライン川沿いにはこのような古城が山ほどあるという。数世紀をまたいで見事に歴史的建造物が残っている。日本では京都くらいしか思いつかないが、このように日常生活の中で長い歴史を感じ取れるというのは民族のアイデンティティを維持する上でも有効であるに違いない。
e0054938_15312921.jpg


e0054938_1532190.jpg

ランチはコッヘム城の中にあるレストランで、ドイツ初となるソーセージとビール!!高台から眺めるモーゼル川の流れと本場ドイツのビールで幸せなひと時だった。その後はモーゼル川を船でしばらく遊覧。船上ではモーゼルワインを飲み、これまた至福の時間であった。雰囲気としては隅田川を昇りながら浅草を眺めるようなカンジかな?
e0054938_15335035.jpg


e0054938_15345322.jpg


こうしてドイツを歩いてみると、ローマ帝国がいかに壮大であったかがうかがい知れる。ドイツに葡萄を持ち込んでワイナリーを始めたのもローマ人。街のインフラや建物を作ったのもローマ人。とにかくローマ帝国がなければ西欧はまったく違った国になっていたのかもしれない。そう思わせるほど、当時の町並みや文化が色濃く残っている。また、街町並みは第2次大戦で破壊されたそうだが、その後の再建が見事である。突然モダンな建築物を建てるのではなく、周囲の自然環境に溶け込むようなものしか作らない。ファサード等再利用できるものはすべて再利用し、街の雰囲気を変えてしまわないよう気を使っているのがよくわかる。

明日はケルンの街を散策する予定。
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-08 15:48 | 僕の散財日記
2006年 05月 07日

KLMでケルンへ

今日からしばらくドイツに来ています。KLMでアムステルダム経由、ケルン行き。アムスの空港では噂に聞いていたあの便器がありました。思わずシャッターを押す私。
e0054938_255061.jpg
小便器の中にハエの絵を書いただけで、便器の外にこぼれる量が少なくなり、なんととんでもない金額の清掃代を節約できているとか。う~ん、男ってホントに単純、、、。

それから、アムスの空港内にはカジノがいくつかあり、驚くことに乗り換える飛行機を待っている間に、大きなトランクを抱えてギャンブルしている人たちが意外と多かった。

KLMの機内誌「Holland Herald」で東京のデザインに関する記事が掲載されていたのだが、残念ながらスギモト・タカシがタカシ・スギヤマになっていたり、六本木ヒルズがラッポンギヒルズになっていたりと、なかなか残念な記事だった(笑)。



ケルンでは友人の家にお世話になっているのだが、今夜の晩御飯はりんごとチーズのオーブン焼きにガリを使ったドレッシングのサラダ、それからブラジルのチーズパン、ポンデケージョ。ワインを開けて久々の再会を祝った。
e0054938_2584284.jpg


e0054938_2591540.jpg

ということで、これからしばらくはドイツレポートをすることにします。明日はモーゼル川をクルーズする予定。乞うご期待。
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-05-07 02:53 | 僕の散財日記
2006年 04月 30日

HALE海'S

西麻布にある和風創作料理の「HALE海'S」。内装も音楽もハワイアンなのに、なぜか創作和食のお店です。

なぜ行ったかというと、HOTERESの編集部の皆様のお勧めだったため。彼らのお勧めというだけあって料理はすべて絶品でした。特に名物の石焼リゾットは必ず食べておいたほうがいいです。ワインはカリフォルニア物を多く置いてあり、お手ごろ価格。若干飲みすぎてしまいましたが(笑)、おいしいお食事とおいしいお酒の前ではしょうがないですね。

そうそう、食べ物と飲み物はもちろんですが、それ以上によかったのがスタッフの応対。決して過剰に丁寧ではなく、かと言ってラフなわけではない。カジュアルな接客の中にもおもてなしの心を感じることができます。

ホスピタリティの専門家たちがお気に入りといって連れて行ってくれるお店だけあって、すご~くいい気持ちで店を出ることができました。

★★★★★

e0054938_043592.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-30 00:49 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2006年 04月 26日

cogito

久々に「ちょ~」お薦めのフレンチレストランの登場です。

六本木にそっとオープンしたお店「cogito」。マルシェオヴァンやアルモニでお馴染みの山田シェフによる最新のフレンチレストランです。

何がすごいって、内装がすごい!!イタリアで買い付けたという2cmもの厚みのあるタイルを床一面に貼り、しかも屋根はガラス張り!壁面は鏡張りで、テーブルや椅子は全てアールヌーボー。とにかく美しいお店で、チークの香りがほんのりします。船の中にいるようなカンジ。

2階はシェフズテーブルとなっており、テーブルの天板を外せばあっという間にビリヤード場に早変わり!遊び心もたっぷりの素敵なお店です。地下には5000本は収蔵してあるというワインセラーに、なぜかテレビとソファーが置いてあり、シガールームも兼ねている模様。

山田さんが凝りに凝って自分で線を引き、材を購入し、石を貼ったという思い入れの強いお店で、賃料が発生してからもなんと数ヶ月工事を延ばして作り続けていました。

お料理はもちろん言うことなし!夜はいいお値段ですが、ランチであればお気軽に一流の空間を楽しめます。

★★★★★

e0054938_15321956.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-26 15:40 | B級グルメ(六本木/麻布十番)
2006年 04月 16日

アルポルト

西麻布のイタリアンレストラン「アルポルト」に行ってきた。実は今回初めて。ずっと気になってはいたものの、なかなか行く機会がなかった。

店内は結構狭く、どの席からも全席が見渡せる大きさ。決して高級レストランの雰囲気があるわけではないが、歴史と余裕を感じた。お料理もイタリアンらしからず量が控えめで、味も薄味が多かったように思う。

狭い店内をスタッフが声を掛け合いながら忙しく動き回る。でも、決して失礼ではなく、むしろそれを楽しめた。言わば王様のレストランといったカンジだろうか。楽しかった。

ちなみに、隣のテーブルは西川りゅうじん氏。夕方6時から2回転する勢いで、昔から愛されているレストランであることが容易に伺えた。

オーナーシェフの片岡さんはお料理教室も開催しているとのこと。みなさん、機会があったらいかがですか?

★★★★★

e0054938_817967.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-16 08:24 | B級グルメ(六本木/麻布十番)
2006年 04月 09日

かもめ食堂

「かもめ食堂」を観てきた。いやぁ、笑ったし、心が暖まった。

フィンランドに小林聡美が日本食堂を開くが、客が来ない日々が続く。そんな時訪れたのが、日本かぶれのフィンランド青年。第1号客からの質問は、「ガッチャマンの歌、知ってますか?」。小林は本屋で見かけた片桐はいりに相談する。その後、もたいまさこは現れるは、あくの強いフィンランド人は現れるはで、とにかく笑いが耐えない。

ただし、単なるコメディではなく日本的な人と人とのつながりや、和食の暖かさが伝わってくる。「フィンランドの人はどうしてそんなにのんびりしていて優しいの?」というもたいの質問に、フィンランド人青年が応える。「ここには森があります。」

自分の人生は自分が決める。でも、人生ポレポレ。まぁ、まずは腹ごしらえしないと。

そんな楽しくも優しい映画だった。

e0054938_14254618.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-09 14:33 | ブック&ムービー
2006年 04月 07日

音が心に及ぼす力

臨床心理学者で文化庁長官でもある河合隼雄氏とYMOでお馴染みのミュージシャン・細野晴臣氏のトークセッションに参加してきた。テーマは「音が心に及ぼす力」。

トークセッションの前に、30分程度河合長官によるフルートの演奏があった。子供の頃習っていたそうだが、58歳で再挑戦。今でも続けているという。決して上手いわけではないが、とても微笑ましい。曲目は全て日本の童謡で、個人的には「ふるさと」が演奏されたときには田舎を思い出した。

演奏が終わるといよいよトークセッション!が、どうやら何ひとつ打合せをしていなかったらしく、結構グダグダのスタート(笑)。それでもしばらくすると話にリズムが出てきて、音楽にかかわらず文化や歴史などありとあらゆる事柄に話が及んだ。

正直、「音が心に及ぼす影響」についての明快な説明があったかといえば疑問だが、話を聞きながら個人的には面白いことを考えたりしていた。

まず、「ふるさと」を聞いたとたんによみがえる子供の頃の感情もしくは田舎の風景。これは心理学で言うところのClassical Conditioningであり、マーケティングやブランディングにおいてはゴールでもある。テレビCFで使用されるジングルなどはまさにそのツールであり、同じ条件下で繰り返し強化されることにより、いわゆる「パブロフの犬」を作り出す。ちなみに、心理学用語の「強化」という言葉は、視点が変われば「教育」や「経験」と置き換えることもできるだろう。教育学や心理学を勉強していた頃を思い出した。

それから、細野氏が言っていたのだが、日本の音楽教育は間違っているらしい。みんなで合唱をしたりするが、それぞれキーが違うので当然声が出なくてついてこられない子供が出てくる。その子は自分だけできないということにコンプレックスを感じ、いずれ音楽が嫌いになる、、、。う~ん、確かにそうかもしれない。よって、彼の結論としては、事前に「シナリオ」を用意することなく、できる限り「アドリブ」で臨むとのこと。楽譜があるとどんなに練習しても間違いは起きる。間違いが起きると自己批判が始まる。故に音楽がつまらなくなる。反対に楽譜がなければ正解も間違いもないため、気にならない。

これは結構言いえて妙かも。でも、シナリオなしで臨むには相当な自信が必要となってくる。

この話を聞いて、やっと彼らがトークセッションの打合せをしなかった理由がわかった(笑)。やはり音楽は何にも考えずに楽しまなければ!!

e0054938_10544346.jpge0054938_10545149.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-07 11:00 | ファンキーなヒトビト
2006年 04月 04日

サクラとくるくるウィンナー

週末はお花見三昧だった。土曜日は西郷山公園でお鍋パーティー。なんだかんだで50人くらい集まったような気がする。ちょっと風が強かったが、みんなでわいわい楽しかった。ちなみに鍋はチゲと和風の2種類。前日から仕込んだらしく美味しかった。

それから、翌日の日曜日は目黒川沿いをのんびりお散歩。今年の桜は見事なまでに美しい。花を見ていて「咲き誇る」という言葉が頭に浮かんだ。咲くことを誇る。とっても日本語らしい美しい表現だと思う。
e0054938_0164544.jpg


中目黒の駅前があまりの人出で渋谷のスクランブル交差点みたいになっていた、、、。あと、やっぱりこの辺は外国人も多い。あれほどまでに見事な桜の前では日本人も外国人も気分よくビールを飲む。とてもナカメらしいし、ほのぼのする。
e0054938_017115.jpg


あと、昨年に引き続き靖国神社にも行ってきた。夜桜はとても美しい。が、なんだか面白い屋台がいろいろあって、その中でもくるくるウィンナーなるものに心を奪われてしまった(笑)。味自慢って、ウィンナーを巻いただけじゃん、、、。
e0054938_017192.jpg


屋台って昔からあるようでビミョーに変化してきているようだ。昔ながらのチョコバナナやりんご飴もあるが、中国おやきなるものや、ホルモン焼きならぬホルモン揚げなど、新たなおつまみ軍団の登場にちょっと時間の流れを感じた。

でも、やっぱり桜は美しい。あっという間に散ってしまうが、その儚さゆえの美しさがある。武士道にも通ずるこの「潔さ」。やっぱり日本の美的感覚は素晴しい。
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-04 00:27
2006年 04月 03日

ゲルマニウム温浴

今流行のゲルマニウム温浴をやってきた。なんの知識も無く、岩盤浴みたいなものを想像していたのだが、全く違った。

ゲルマニウム温浴とは、42℃くらいに温めたゲルマニウム溶液に両腕、両足を浸して20分くらいじっとしている。そうすると、あり得ないほど汗をかく。ダイエットや二日酔い、冷え性などいろいろな病気に威力を発揮するらしい。

受付に行くと、「手足を軽く洗ってきてください」と言われ、裸足になって手足を洗う。その後、照明の落ちたリラクゼーションルームみたいなところに連れて行かれて、再度蒸しタオルで手足を拭かされる、、、。相当信用されていないらしい。

42℃ということで若干熱いのだが、慣れてくると確かに気持ちがいい。20分たった頃には体の芯からぽっかぽか。お陰で朝までぐっすり眠れちゃいました。

何度か繰り返しやらないと効果は表れにくいらしいが、リラクゼーションという意味でもお薦めです。
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-04-03 20:23 | 僕の散財日記