独身貴族のFunky World

funkyworld.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

ワンセグ開始

明日、4月1日からいよいよワンセグが始まる。

ワンセグとは、いわゆる携帯端末向け地上波デジタル放送のこと。もう既に試験放送は始まっているが、明日から正式に携帯電話等で放送を受信することができるようになる。

いわゆるアナログ放送とは違い、画像が鮮明なのが特徴。先日もWBCの韓国戦を渋谷駅ホームで観ていたのだが、小さなボールの行方まで問題なく見ることができた。ただし、ホームで一人携帯電話の小さな画面に見入っては、「いいぞ!イチロー!!!」などと叫んでいる姿は危なかったと思う、、、(笑)。

しばらくは現在ある地上波チャンネルで放送されている番組がそのままサイマル放送されるとのことだが、将来的にはワンセグ向けのドラマなどオリジナル番組の放送も考えられているという。

さて、ワンセグで私たちの生活はどのように変わっていくのだろう?

まず考えられるのはテレビの果たす役割が相対的に必要なくなっていくということである。これまでは家にあるテレビと呼ばれる四角くて巨大な受信機が必要だったが、ワンセグの導入に伴い、その受信機がポケットサイズになった。つまり、テレビメディアのメッセージを受けるのに場所に縛られなくなったということで、テレビがよりラジオに近づいたイメージだろうか。ラジオ特有といわれていた「ながら視聴」が可能となった。

次に、デジタル放送による双方向性の活躍である。これまでのテレビでは放送局から一方的に情報が送られてきて、それを受動的に受け取るしかなかった。しかし、双方向になることにより、クイズ番組への参加や関連情報の検索などが可能となる。そういった意味ではテレビがよりインターネットに近づいたイメージだろうか。

最後に、より文字と映像と音声の融合が加速されることになる。文字は新聞・雑誌、映像はテレビ、音声はラジオと上手く住み分けていたマスメディアが、インターネットの登場を経てより融合への道を歩む。故に、究極的には「情報」の定義が変わる。情報とは、受動的に受け取るものから、能動的に獲得しにいくものに変わっていく。

個人的にはワンセグの登場は非常に嬉しい。これまで映像を持ち歩く際は、パソコンでファイルを保存し、それを外部メモリに移し、最終的にPDAに落として観ていた。もしくは、PDAの無線LANで直接ダウンロードしたりしていたのだが、やはり時間もかかるし使いづらい。

一日も早くワンセグが普及して、面白いコンテンツが多数提供されれば嬉しい。

そういえば、第2東京タワーの建設地が墨田区に決定したとか。決まったのであれば早く作ってしまって、すぐにでもデジタル放送を推進して欲しいものだ。

e0054938_13341686.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2006-03-31 13:31 | まーけてぃんぐこみにけーしょん


<< ゲルマニウム温浴      綾戸智絵コンサート@サントリーホール >>