独身貴族のFunky World

funkyworld.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 21日

ボン散策

ボンは第2次世界大戦後に西ドイツの首都に指定されたが、首都がベルリンに移って以来あまりその名を聞くことがなくなったように思う。少なくともメディアに登場する機会は激減した。この街はこぢんまりした大学町。ボン大学はあまりにも美しく広大で、若い学生たちに混じって多くの社会人も学んでいることをうかがい知る事ができた。
e0054938_1345431.jpg


ピンク色の外壁がかわいらしい市庁舎の前のマルクト広場では、野菜や花などを売る出店が多く、この時期が旬でもあるドイツ名物の白アスパラ「シュパーゲル」を求める市民でごったがえしていた。
e0054938_1372939.jpg


ちなみに、ボンという町はベートーベンの家があることでも有名。実際は彼はいろんな家に移り住んでいたようだが、きちんと残っているのはこの家だけだという。生家の内部は博物館としてベートーベンが使用した楽器類や直筆の楽譜、補聴器、家具などが展示されていた。
e0054938_140654.jpg


尚、ベートーベンハウスの存在を知らしめる壁画が近くの家の壁に描いてあったのだが、どうもその顔がブサイク、、、。確かにベートーベンといえばこんな顔が真っ先に思い浮かぶが、きっと本人は笑顔も見せていたはず。笑顔の写真を残しておくのって大切かもしれませんね。
e0054938_1411247.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2006-05-21 01:42 | 僕の散財日記


     ブリュールのアウグストゥスブルク城 >>