独身貴族のFunky World

funkyworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

Daniela Rahm

Danielaはサンフランシスコでの勤め先のマーケティングディレクターだった人。非常に頭がよく、立ち回りもスマートでみんなに好かれるタイプ。お腹に子どもを身ごもりながらせっせと働く姿は尊敬に値する。

スイスのジャーマンパートの出身なので、3ヶ国語くらいは軽く喋れる。そこにきて結婚相手がイタリア人(Giovanni)だから大変。Giovanniの両親はDanielaにイタリア語で喋ることを要求する。英語もわかるくせに。

人一倍負けん気の強いDanielaのことだからあっという間にマスターしたことだろう。私がサンフランシスコにいた時に生まれたLucaと一緒に過ごした日々は決して忘れることができない。

Danielaとはぶつかることもあったけど、私にとっては同じ目標に向かって進んだ仲間であり、同じ外国人としてアメリカで認められるために必死に働いた良き友である。

e0054938_3565678.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-01-30 03:52 | ファンキーなヒトビト
2005年 01月 11日

HAMILTON Ventura

完璧に惚れ込んだ。これは美しい!

1920年代のアメリカ。第1次世界大戦も終わり、生活が豊かになってきた時代。デザインというある種の贅沢に手を出し始め、多くの優れたデザインが世に送り出された時代。例えばキャデラックもそう。

イギリスを追い抜き、世界第1位の経済力を確立した頃の勢いが覗える時計。これ、その美しさ故にスミソニアン博物館の永久展示物になっているらしい。

もちろん復刻版だが、アメリカンドリームを目指していた若者達の心意気を身につけていられるのは嬉しい。夢を忘れずに毎日一歩一歩進んでいかなければ。

e0054938_3443811.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-01-11 03:20 | 僕の散財日記