独身貴族のFunky World

funkyworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 30日

New Cinema Paradise

久々にニューシネマパラダイスを観に行ってきた。何年ぶりだろう?とにかく思い出せないくらい久しぶりだった。

オープニングでシチリアの美しい海が映し出されたとき、思わず田舎を思い出した。毎日太平洋をを眺めながら育った私にとっては広大な海の風景というのは原体験なのである。モリコーネの美しいBGMが流れたときは、悲しいかな思わずニューデザインパラダイスを思い出してしまったが(笑)、、、。

言わずと知れた名作であることは間違いない。時代に左右されず、古さを微塵も感じ」させない作品である。

映画を観ながら感じたことは、やはり帰ることの出来る田舎があるというのは素晴らしいということだ。田舎で一生を過ごす人もいれば、外に出てそのまま戻らない人もいる。前者にとっては田舎の生活が人生の全てであり、ともすると世界は普遍であるかのように思えてくる。後者にとっては田舎は世界の一部でしかなく、外に出たからこそ田舎にいる間には気付かなかった良さが見えるようになる。地球から出てみて初めて地球の美しさが解るのと同じである。

もう一つ強く感じだ事。それは、自分を育ててくれた数知れない人々の存在である。名前も知らないがなんとなく毎日すれ違った人。いつも公園で同じベンチに座っていた人。スーパーのレジのおばちゃん。駄菓子屋のおじさん。友達のお父さんやお母さん。どんなに小さな役回りであっても自分の人生の1ページを飾っているのに間違いはない。反対に自分も気付かないところで他人の人生において1つの役割を演じているはずである。

"It takes a village to raise a child." 私の大好きな言葉。

人間は自分の気付かないところで人の世話になっており、また反対に人の役にも立っている。久々にこの映画を観て、見返りを期待するだけではなく真っ直ぐに生きることの大切さを再確認した。それから、人間の成長には数知れない人々が関わっているということも。

e0054938_030283.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-30 00:29 | ブック&ムービー
2005年 12月 28日

Trois Pierrot

目黒銀座を抜けたところに1年ほど前にオープンしたフレンチレストラン「Trois Pierrot」。地下にあるのでなかなか見つけづらいですが、こだわりをもつ良いお店です。

まず、とにかく素材にこだわっています。産地直送の魚介類・岩手県産牛肉・茨城産豚肉・契約農家からの有機野菜と妥協を許さない。当然、素材の味を生かした調理法で楽しめます。

それからワインにもこだわっています。壁にはワインボトルが積み上げられ、ソムリエが丁寧に説明をしてくれます。

最後に空間にもこだわっています。決して豪華ではなく、どちらかというと簡素なカンジなのですが、きちんとした料理とワインを家庭のような飾らない雰囲気でいただけます。お店の敷居も低く、いつでも気軽に来られる雰囲気です。一人で来るお客さんのためにカウンター席もあります。

先日もカジキマグロや鴨肉、フォアグラのパテなどこだわりの食材を頂ましたが、なんといっても白子がすごかったです。今まで見たことも無いサイズの白子をトマトベースの味付けでいただきます。これ、とにかく絶品で、年内一杯までしか入荷しないそうです。

白子好きの方は急いで行くべし!!

★★★★★

e0054938_14205735.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-28 14:27 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 12月 27日

旬菜 伊酒利屋

伊豆高原の山の中にぽつんと一軒のイタリア料理屋。それが「旬菜 伊酒利屋」です。初めて行った時は正直全く期待しておらず、むしろ歩き疲れてしょうがなく入ったカンジ。が!これが素晴らしいレストランで、大満足。実は先日もわざわざ電車に乗ってまた行ってきてしまいました。

何がいいって、料理が素晴らしい。魚介類はもちろん新鮮だし、お値段も安い。創造性も高く、とにかくハズレがない。何を食べてもおいしいお店です。たとえば下の写真。これ、馬刺しのカルパッチョですが、パルミジャーノのスライスが乗っています。しかも、青ジソのピューレをつけていただくという斬新なものです。とてもさっぱりしていて、馬肉自体も妙に新鮮でした。

e0054938_10184582.jpg



それから次は魚介類のブイヤベース。とにかく具だくさんで、食べ応えがあります。ムール貝、アサリ、イカ、タコ、海老のダシが出たトマトベースのスープは絶品です。

e0054938_10185556.jpg



お次はここのお薦め料理の1つでもある鴨肉の蜂蜜胡椒。蜂蜜といっても嫌な甘さは無く、むしろ鴨の脂との愛称は抜群です。そこに黒胡椒が多めにかかっていて、甘さの中にもちゃんと締まりがあります。二度目にこのお店に行った時は、これがお目当てでした。

e0054938_1019631.jpg



お店自体は小さくて非常にわかりづらく、恐らく地元のお客さんがほとんどなのでしょうが、味は東京でも十分通用します。夫婦二人で経営しているようですが、きっとシェフはそれなりのところで修行してきたのでしょう。少なくともそう思わせるだけの腕とアイデアの詰まった料理ばかりです。

ここでディナーを食べて、海と星を見ながら露天風呂に入る。これだから伊豆高原はやめられない!

★★★★★
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-27 09:52 | B級グルメ(その他の地域)
2005年 12月 26日

黒田

銀座にある博多モツ鍋屋「黒田」。ビルの上のほうにあるのですが、いっつもいっぱいです。

メニューが豊富で、モツ鍋以外にもおいしいおつまみがたくさんあります。それから、焼酎がずらーっと並んでいて、見た目にも楽しいお店です。ちょっとだけ席が狭いかなぁと思いましたが、銀座の一等地なので仕方なし。

モツ鍋は3種類程度の味があり、今回は白味噌のものをいただきました。味は文句なし!

冬はやっぱり鍋ですね。

★★★★☆

e0054938_19452222.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-26 19:45 | B級グルメ(その他の地域)
2005年 12月 24日

石鍋楼

西麻布にある隠れ家の中の隠れ家「石鍋楼」。隠れ家っていうか、完璧にマンションの1室です。表札もなーんにもなく、メニューもない。部屋に入ると決まった料理をいただきます。

どうやら生まれは韓国で、育ちは台湾という石鍋。溶岩を使ったような鍋にたっぷりのゴマ油を注ぎ、まずは豚肉と牛肉を炒める。その肉を一旦取り出し、鍋に鶏がらスープをたっぷり注ぐ。そこにオモムロに投げ込まれるのがシイタケ、海老、カニつめ、ほうれん草、白菜、春雨、長ネギ、肉団子などなど豪華なラインナップ。

ツケダレは2種類。日本のポン酢のようなものと生卵を溶いたもの。どちらにもすりおろしニンニクをたっぷり入れて、卵の方には腐乳を加える。これ、要するに腐った牛乳。沖縄のトウフヨウに似ています。臭いです、、、。

ここは一見さんお断り的な雰囲気的がありますが、とにかくおいしく、珍しいです。マンションなのでやけにホーミーだし、、、。

初めて出会った味でした。

★★★★★

e0054938_1936976.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-24 19:35 | B級グルメ(六本木/麻布十番)
2005年 12月 18日

Julius & Pele

なんとJuliusの家にサッカーの神様Peleが遊びに来た!!こんな夢のようなこともあるんですねぇ。う~ん。期せずして私とPeleの間をつなぐ人間ができてしまった。

なんとかドイツワールドカップのチケットとか貰えないかなぁ(笑)。

e0054938_10473717.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-18 10:49 | ファンキーなヒトビト
2005年 12月 17日

BOSE Lifestyle 18 Series II

かれこれ10年間も愛用してきたソニーのコンポを遂に買い換える時が来た。10年間、ほぼ毎日使い続け、おまけにスピーカーを買い足しては5.1chにしていたのだが、とうとうCDがかけられなくなってしまった。おまけに、もう2度と使うことのないダブルデッキカセットレコーダー付き。今買い換えずしていつ買い換える!

で、いろいろ悩んだ末にBoseのLS-18IIを購入した。言わずと知れたスピーカーメーカーのBose社が開発したホームシアターシステム。美しく延びのある低音を出すことのできるウェーブガイドはもちろんのこと、最新技術であるADAPTiQも標準搭載されている。これ、いわゆる人工知能です。

人間の耳に届く音の8割以上は間接音と言われている。つまり、スピーカーから直接耳に届く音よりも壁や天井に反射して聞こえる音の方が重要であるということ。このバランスを数知れない実験を通して解明したのがこのADAPTiQである。要するに、どんな間取りでもどんな素材を使った部屋でも最適な音が聞こえるように勝手にコンディションを整えてくれる。マイクロフォンの付いたヘッドセットを付けて、部屋の中の5箇所で6つのスピーカーから発せられる信号音を聞き取り、その後コンピューターが自動的にセッティングされる。いやはやすごい技術である。

これが家に届いてからというもの、音楽に映画にと思いっきり引きこもり状態。先日購入したSimmonsのベッドと共に、居住空間が飛躍的に快適になった。

e0054938_1056423.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-17 16:57 | 僕の散財日記
2005年 12月 16日

魚磯

伊豆高原にある比較的新しい回転寿司の「魚磯」。なんてったって美味い!安い!種類が豊富!!!手放しで大喜びしてしまいました。

東京ではまずお目にかかることのできない地魚がたくさんあって、お刺身好きにとってはディズニーランドにも勝るとも劣らないほどの興奮を感じることができます(←ホントかぁ?)。

その中でも初めてお目にかかったのが写真にあるもの。これ、アオリイカの肝を冷凍してスライスしたもの。生姜醤油でサイコーにお酒が進みます。とにかく新鮮だから楽しめる食べ方で、全く臭みもなかったです。

交通費を払ってでも試す価値のあるそんな回転寿司でした。

★★★★★

e0054938_161838100.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-16 16:22 | B級グルメ(その他の地域)
2005年 12月 14日

Simmonsのダブルマットレス

ここのところすっかりご無沙汰してました。なんやかんや年末は忙しいですね。師が走るくらいだもんなぁ。

さてさて、ベッドを買い換えました。実は最近ずっと寝つきが悪く、睡眠の質が落ちていたのです。で、枕が悪いのかと思っていたのですが、どうやらベッドの方だったらしい。せっかくなのでシモンズのダブルマットレス・エキストラハードというそこそこ良いものを購入しました。

要するに、マットレスの上にマットレスが乗っていて、一流ホテルのベッドはほとんどこのスタイルらしいです。確かに寝心地もよく、ウェスティンのヘブンリーベッドを思わせる快適さ。早速よく眠れるようになり、寝起きもよくなりました。

人間、人生の3分の1は寝てるもんなぁ。長い目で見れば睡眠の質にはお金をかけるだけの意味がありますね。

e0054938_16122932.jpg
[PR]

by masakatsuyamamoto | 2005-12-14 16:11 | 僕の散財日記