独身貴族のFunky World

funkyworld.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

ワンセグ開始

明日、4月1日からいよいよワンセグが始まる。

ワンセグとは、いわゆる携帯端末向け地上波デジタル放送のこと。もう既に試験放送は始まっているが、明日から正式に携帯電話等で放送を受信することができるようになる。

いわゆるアナログ放送とは違い、画像が鮮明なのが特徴。先日もWBCの韓国戦を渋谷駅ホームで観ていたのだが、小さなボールの行方まで問題なく見ることができた。ただし、ホームで一人携帯電話の小さな画面に見入っては、「いいぞ!イチロー!!!」などと叫んでいる姿は危なかったと思う、、、(笑)。

しばらくは現在ある地上波チャンネルで放送されている番組がそのままサイマル放送されるとのことだが、将来的にはワンセグ向けのドラマなどオリジナル番組の放送も考えられているという。

さて、ワンセグで私たちの生活はどのように変わっていくのだろう?

まず考えられるのはテレビの果たす役割が相対的に必要なくなっていくということである。これまでは家にあるテレビと呼ばれる四角くて巨大な受信機が必要だったが、ワンセグの導入に伴い、その受信機がポケットサイズになった。つまり、テレビメディアのメッセージを受けるのに場所に縛られなくなったということで、テレビがよりラジオに近づいたイメージだろうか。ラジオ特有といわれていた「ながら視聴」が可能となった。

次に、デジタル放送による双方向性の活躍である。これまでのテレビでは放送局から一方的に情報が送られてきて、それを受動的に受け取るしかなかった。しかし、双方向になることにより、クイズ番組への参加や関連情報の検索などが可能となる。そういった意味ではテレビがよりインターネットに近づいたイメージだろうか。

最後に、より文字と映像と音声の融合が加速されることになる。文字は新聞・雑誌、映像はテレビ、音声はラジオと上手く住み分けていたマスメディアが、インターネットの登場を経てより融合への道を歩む。故に、究極的には「情報」の定義が変わる。情報とは、受動的に受け取るものから、能動的に獲得しにいくものに変わっていく。

個人的にはワンセグの登場は非常に嬉しい。これまで映像を持ち歩く際は、パソコンでファイルを保存し、それを外部メモリに移し、最終的にPDAに落として観ていた。もしくは、PDAの無線LANで直接ダウンロードしたりしていたのだが、やはり時間もかかるし使いづらい。

一日も早くワンセグが普及して、面白いコンテンツが多数提供されれば嬉しい。

そういえば、第2東京タワーの建設地が墨田区に決定したとか。決まったのであれば早く作ってしまって、すぐにでもデジタル放送を推進して欲しいものだ。

e0054938_13341686.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-31 13:31 | まーけてぃんぐこみにけーしょん
2006年 03月 23日

綾戸智絵コンサート@サントリーホール

綾戸智絵のコンサートに行ってきた。場所は由緒正しいサントリーホール。以前より興味はあったのだが、なかなかチケットを取ることもできず、初めて生で聴くこととなった。

一言で言おう。彼女は「Jazz漫談家」である。確かにパワフルで精力的で明るくて素晴らしいアーティストなのだが、それ以上にお客さんを楽しませる気持ちの強さに驚かされた。自分が得意とする楽曲を歌い上げるというよりは、お客さんとの感情のやり取りを楽しんでおり、とどのつまりは「大阪商人」である。きちんとお客さんのハートを掴み、抜かりなくCDを売り込む。また、コンサートの最中にCMスポンサーである日興アセットについて何度も言及するのだが、それすら彼女の軽快なトークの中で嫌味なく流れていく。

きっと周囲の人にすごく気を使う人なんだと思う。

歌が抜群に上手いかと言えば、う~ん。ピアノが抜群に上手いかと言えば、う~ん。英語が美しいかと言えば、う~ん。でも、素晴らしいコンサートかと言えばYES!つまり、彼女の人間力が観客を魅了し、勇気付け、明日への活力を与えているのである。

等身大の商人Jazz漫談家。これからも多くの人々を勇気づけて欲しい。

e0054938_10293398.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-23 10:40 | 僕の散財日記
2006年 03月 20日

尊やん

尊やんはJリーガー。ジュビロ磐田で10年間活躍し、昨年清水エスパルスに移籍した。高校時代のクラスメートである。

先週末、味の素スタジアムでエスパルス対FC東京戦を観てきたのだが、見事な勝利と危なげの無い試合運びに「今年こそ!!」と思った。地元のチームであり、設立当初からのファンとしては尊やんがキャプテンをしている間に優勝を経験させてあげたい。

彼はとにかく飾らない人で、きちんと強い自分を持っている。誰からも愛され、誰にでも上手に接することのできる頭のいい人。小柄だが、その驚異的な身体能力でJリーグでも常に第1線で活躍している。

ちなみに、セレッソ大阪の西沢も同級生。その他、先輩後輩はJリーガーだらけ。

やっぱり清水ってサッカーどころなんですね。

頑張れ、尊やん!!

e0054938_1803955.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-20 18:05 | ファンキーなヒトビト
2006年 03月 20日

Are We Alone?

もう何年ぶりだろう?覚えている限りは小学校の修学旅行以来なのだが、ひっさびさにサンシャイン60にあるプラネタリウム「スターライトドーム 満天」に行ってきた。

観てきたのは、NYCにあるアメリカ自然史博物館とNASAが共同開発したというプログラム。「Are We Alone?」。つまり、この広大な宇宙の中で地球だけに生命体が存在するという考え方は不自然じゃぁないか?と訴えるものである。

まずは星空を見上げて、春の星座のお勉強からスタート。小学生の時に円盤みたいなものを持って夜空を見上げていたことを思い出した。妙に懐かしく、妙に暖かい気持ちになる。昔の人は面白いことを考えたものである。バラバラに並んだ星を見ては、牛飼いだの大熊だのと映像が浮かんだ。情報が氾濫し、目や耳を頼りにしている現代人にしてみれば、その想像力には恐ろしさすら感じる。

星座を勉強した後、今度は生命にとって必要なものの検証をする。そう、太陽である。人間を含む地球上の生命は太陽光を必要としている、、、。少なくとも最近まではそう信じられていた。しかし、深海探査技術が進歩し、太陽光の届かない暗黒の世界にも生命が宿っていることが発見された。彼らは真っ暗闇の中で太陽光ではなく、海中火山からの熱やエネルギーを吸収して生きていた。つまり、地球自身の体温を自分の体温に変換していたのである。う~ん、ここまで来るともう私の想像の域を完全に超えてしまっている、、、。

次にいよいよ宇宙に飛ぶのだが、太陽系の中にも生命が存在する可能性が高いという。しかも、その太陽系と同じようなものが銀河系の中に驚くほど存在し、その銀河系も数十億個という単位で存在するという。いかに人間の存在が小さいかを改めて痛感した。生命の歴史において人間が戦争している時間なんて無きに等しい程度なんだろう。だとしたら、争いのなんて無意味なことか。

宇宙や地球の成り立ちについても触れるのだが、そもそもは惑星の爆発や衝突によって宇宙のガスや塵が集まったものが時間を経て惑星になった。そこに生命が生まれた。つまり、私たちの体ももとはといえばガスや塵からできている。環境を汚すということは、自分の体を汚しているのと同意。宇宙に存在するものは全て原子レベルで見れば同じなのである。

人間のエゴのくだらなさについていろいろと考えさせられた一日だった。

e0054938_10405416.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-20 11:22 | ブック&ムービー
2006年 03月 17日

タワシタ

神谷町・飯倉交差点近辺にこれからオープンする予定のイタリアンレストラン「タワシタ」。東京タワーの真下なのでタワシタです。

某有名放送作家と某有名社長と某有名レストラン出身のシェフとマネージャーが一緒に立ち上げた。とにかくこだわりのお店で、イタリアからわざわざ取り寄せて積み上げたという土壁は味がある。トレンドやブームに流されずに、食事を通してきちんと勝負できるお店を目指しているようで、プロモーションなんかも一切やらないらしい。つまり、隠れ家である。

オープニングレセプションということでお呼ばれして行ってきたのだが、レセプションどころかきちんと着席スタイルでコースで食事をいただいてしまった。しかも、ドンペリの82年モノまでご馳走に!!!いやぁ、こんなのもう二度と飲めないかもしれない、、、。至福の時でした。

オープンまでまだちょっと時間がありますが、きっと居心地がよく、こころを休ませることのできるレストランになることでしょう。キャンティのような愛されるお店になって欲しいですね。これからが楽しみです。

★★★★★
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-17 10:30 | B級グルメ(六本木/麻布十番)
2006年 03月 05日

銀座並木通り 今井屋茶寮

銀座並木通りのど真ん中でイカの踊り食い!!!
そんなことが可能なんです。

「今井屋茶寮」はビルの4Fに位置し、エレベーターを降りるとそこはもう料亭の雰囲気。着物を着た女中さんに案内されて店の奥にいくと、なんとそこには大きな水槽が!しかも流水の水槽で、中にはみごとなヤリイカがたーくさん!イカが泳ぐ姿はなんど見ても美しく癒される。銀座の語真ん中で泳ぐイカを見られるとは夢にも思わなかった、、、。

お薦めはそのヤリイカのお作り。新鮮なイカをさばいてくれるので、テーブルに運ばれても動いています。そこに最期のトドメ(?)でカボスを絞っていただきます。透明の美しいイカの甘いこと甘いこと。なかなか食べられるものではありません。

お刺身を食べたあとは耳の部分をフライに、そして足の部分を塩焼きにしてくれるので1匹で3度おいしいです。

お酒もいろいろおいてあるのですが、この店の一番すごいのは調味料。1つのお料理に必ず産地の違う塩や醤油がいくつも運ばれてきます。これがまた楽しいこと!お料理をいただく前に塩を舐め比べたりして。ちょっとしたことかもしれませんが、すご~く贅沢な気持ちになります。

銀座でイカの踊り食い。これはおすすめです!!

★★★★★

e0054938_1421156.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-05 14:11 | B級グルメ(その他の地域)
2006年 03月 05日

Meg

MegはFURLAのPRマネージャー。ロス生まれで、大阪弁を話す。

彼女はとってもオープンで真っ直ぐに突き進むタイプ。真面目で、でもお茶目で、元気いっぱいで、とっても可愛いらしい女性です。

日本に来た当初は全く日本語が話せなかったらしい。それでも今やPRマネージャーとしてリリースを書いたりできるのだから凄い。その負けず嫌いな性格が彼女を成長させるのだろう。

ちなみに昨日は荒川静香のイナバウアーを観てきたらしい、、、。

Megはフイなことから紹介されたのだが、とっても良い出会いでした。

そうそう、今FURLAの広告に出ているのが彼女。なんとグローバルキャンペーンなので世界中でこの広告が貼り出されているらしい、、、。お、恐るべしMeg。

表参道のお店の看板なんかでっかいでっかい!サマンサタバサのビクトリア・ベッカムより大きいもん。

ビクトリア vs Meg。はい、Megの勝ち(笑)!

e0054938_10291384.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-05 10:26 | ファンキーなヒトビト
2006年 03月 03日

Mad Hot Ballroom

"Mad Hot Ballroom"の試写会に行ってきた。邦題は「ステップ!ステップ!ステップ!」

ニューヨークの小学校に通う子どもたちを対象に、市がボールルームダンスコンテストを開催。これは911後に始まったプログラムで、子どもたちの心のケアも目的の1つ。が、それ以上に恒常的なアメリカ社会の問題への取組みとして描かれている。

アメリカ社会における恒常的な問題、、、。つまり、人種、離婚、家庭崩壊、ドラッグ、ギャング、移民、言語、宗教、そして貧困。日本の子どもたちとは違い、日常的にこういった問題と向き合っているミューヨークの小学生は、人間の弱さと社会の脆さを理解している。親が面倒を見てくれないから、自分に興味を示すギャングに入る。それは単に寂しいから。学校で一生懸命打ち込めるボールルームダンスを通して、友人との交流や教師との師弟関係など社会のルールを学んでいく。そして、自分もやればできるという自信と向上心を身につけてく。その姿は美しい。

娯楽作品としても楽しめる。特に、小学校高学年の頃は女の子と向き合うのが恥ずかしかった。しかも手を繋いで目を見つめ合ってダンスするなどもってのほか。子どもたちの恥じらいは日本もアメリカも変わらない。ちょっと懐かしい感情に襲われた。

日本で教育を受けた方々はいろいろと感じることがあると思う映画です。

e0054938_12431596.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-03-03 12:53 | ブック&ムービー
2006年 02月 11日

iPAQ hx2490

本格的にご無沙汰です。いやぁ、久々に驚くほど忙しい、、、、、。連日深夜残業に休日出勤。もう団塊の世代みたいな働き方しちゃってます、、、(笑)。

さて、ちょっと気晴らしに書いてみます。今日のトピックはPDA。

これまではソニーのClieを愛用していたのだが、ご存知の通り勝手に撤退しちゃったので、今度はHPのiPAQに買い換えました。

新機種なのですが、Windows Mobile 5.0搭載で、無線LANとBluetoothにも対応。かな~りハイテクな奴です。基本的にはスケジュールとタスクと連絡先のPIM管理しか使ってませんが、朝晩は駅のホームで無線LANを使ってインターネットを楽しんでいます。

個人情報保護法が施行されてからというものPDAや外部メモリーに蓄積したデータを持ち歩くのに風当たりが強くなってしまいましたが、私にとってはこれがあるお陰でかなり生産性が上がっています。

でも、生産性が上がったのに忙しさが増しているというのは、仕事が圧倒的に増えているということですよね、、、(涙)。

e0054938_1742558.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-02-11 17:10 | 僕の散財日記
2006年 01月 26日

湯たんぽ

最近のお気に入りがドイツfashy社の湯たんぽ。

湯たんぽと言えども21世紀に生き残るべく様々な改良がされているらしい。昔ながらの金物製のものもあれば、プラスチック製のものもある。私が購入したのはなんとゴム製。ドイツのハイテク素材会社のfashyが開発したゴム湯たんぽなのである。

何が良いかと言えば、まず堅くないので足を乗せやすい。それから、折りたたんだり丸めたりできるので収納に便利。100度の熱湯でも大丈夫なようにできているのだが、その逆で冷水にも強いそうで、夏には氷枕としても活躍するらしい。う~ん、スグレモノ。

光熱費の削減や環境保全を考えて購入したのだが、毎晩せっせとお湯を沸かして湯たんぽに足を乗せて眠るそのプロセス自体がミョーに癒しだったりするのである。何でもハイテクが便利とは限らない。今の時代、昔ながらの生活の知恵には精神的癒し効果も見出せるのだ。

e0054938_191117.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-01-26 01:15 | 僕の散財日記
2006年 01月 17日

Porsche

PorscheのSenior Directorに会ってきた。プランニングサイドの出身者であるが、マーケティングに関しても軽く言及してくれた。

とにかくニッチ中のニッチ!GMやトヨタを含めたインディペンデント系ではあるが、圧倒的にその生産規模は小さい。というか、比べものにならない。それでも経営の危機に立たされたこともあるポルシェを際立たせているのはその利益率の高さだろう。

ポルシェの戦略は他の自動車会社とは異なる。つまり、セールス(生産シェア)よりも利益率を優先し、利益率よりもCSを優先する。当たり前のように聞こえるが、これをきちんと実践し、しかも成長している企業は意外と少ないであろう。

ニッチャーらしく小さなセグメントを決め細やかに拾い上げ、1つ1つに対して気の利いたサービスを提供する。日本のマーケットは欧米のマーケットに比べて客が納車まで待てないらしいが、それでも職人の手作り自動車を提供し続ける。その気になれば数千台余分に売れると言っていたが、利益率を損なうようなことは一切しないという。

BMWと違い、特段これといったコミュニケーション戦術はなく、むしろ面白みに欠けるとすら思えるのだが、プロダクトが洗練されており、かつ、ユニークで、しかも社会的に受け入れられているというのは他の高級車とは一線を画している。

団塊の世代がリタイアするこれからは、この手の自動車はより売れるようになるであろう。今からポルシェを運転する夢を見ながら、定年を楽しみにしている人々も多いはずである。果たしてこの間を埋めるようなビジネスはないだろうか?世間では団塊の世代の定年後のマーケットばかりが叫ばれているが、団塊の世代がリタイアするまでのタイムリミットをマーケットとして捉えることもできるであろう。

例えば、リタイア後の様々な楽しみ方を今からコンサルテーションするリタイアメントライフアドバイザーとか。もしくは、老後の世界一周旅行をより楽しめるように今から教育をする世界各都市の見所通信教育とか。または、会社を放り出されて居場所がなくなるであろうオジサンたちを今のうちにネットワーク化して、老後に居場所や仲間がいないという寂しさを防ぐビジネスとか。

考えれば考えるほどアイデアは出てそうだ。定年後のマーケットがそれほど魅力的なのなら、今からツバをつけておいた方が良いに決まっている。

e0054938_22242370.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-01-17 22:39 | まーけてぃんぐこみにけーしょん
2006年 01月 11日

Lord of War

みなさん、遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さてさて、新年1発目は映画です。しかも、超強烈な、、、。

「Lord of War」。直訳すれば戦争の王様といったところだろうか。ニコラス・ケイジが主演する戦争における武器商人の話である。

冷戦が終結して世界にもたらされたものは平和と民主主義だけではない。それらと同時に米ソ(主に旧ソ連諸国)において必要のなくなった武器が世界中に氾濫し始めた。それらをさばくのが武器商人たちである。

旧ソ連が崩壊したことにより、統制の利かなくなった各国の軍部は手元にある膨大な量の破壊兵器を売り始めた。ディーラーである武器商人たちを介して最終的に納品されるのは民族闘争や内戦の絶えないアフリカや南米諸国。映画ではリベリアを中心に描かれているが、旧ソ連からあふれ出た武器によって少数民族や難民が虐殺されていく。この映画に描かれているものはほとんど全て事実に基づいており、ニコラス・ケイジの演ずるユーリ・オルロフも実在するという。

現在、地球上では12人に1丁の割合で銃が存在するという。ユーリ・オルロフはそれを1人1丁の世界にしたいという。莫大な金額が彼の懐に流れ込むからだ。オルロフによると銃よりも核兵器のような大量破壊兵器の方が悪であるという。が、世界中で殺害される人間の実に90%が銃による殺害であることを考えると、使用される可能性の低い核兵器と日常的に命を奪い続けている銃のどちらが本当の大量破壊兵器であるかは甚だ疑問である。

それからもう1つ。映画の中で賄賂が多く出てくるのだが、私もナイロビではそのような「ギフト」が当たり前のようにまかり通る世界にいた。やはり貧困や腐敗を撲滅できる可能性を探るのであれば食糧援助で満足せず、継続的な教育支援が絶対である。

とにかく時間のある人にはお薦めしたい映画です。

e0054938_13453265.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2006-01-11 14:00 | ブック&ムービー
2005年 12月 30日

New Cinema Paradise

久々にニューシネマパラダイスを観に行ってきた。何年ぶりだろう?とにかく思い出せないくらい久しぶりだった。

オープニングでシチリアの美しい海が映し出されたとき、思わず田舎を思い出した。毎日太平洋をを眺めながら育った私にとっては広大な海の風景というのは原体験なのである。モリコーネの美しいBGMが流れたときは、悲しいかな思わずニューデザインパラダイスを思い出してしまったが(笑)、、、。

言わずと知れた名作であることは間違いない。時代に左右されず、古さを微塵も感じ」させない作品である。

映画を観ながら感じたことは、やはり帰ることの出来る田舎があるというのは素晴らしいということだ。田舎で一生を過ごす人もいれば、外に出てそのまま戻らない人もいる。前者にとっては田舎の生活が人生の全てであり、ともすると世界は普遍であるかのように思えてくる。後者にとっては田舎は世界の一部でしかなく、外に出たからこそ田舎にいる間には気付かなかった良さが見えるようになる。地球から出てみて初めて地球の美しさが解るのと同じである。

もう一つ強く感じだ事。それは、自分を育ててくれた数知れない人々の存在である。名前も知らないがなんとなく毎日すれ違った人。いつも公園で同じベンチに座っていた人。スーパーのレジのおばちゃん。駄菓子屋のおじさん。友達のお父さんやお母さん。どんなに小さな役回りであっても自分の人生の1ページを飾っているのに間違いはない。反対に自分も気付かないところで他人の人生において1つの役割を演じているはずである。

"It takes a village to raise a child." 私の大好きな言葉。

人間は自分の気付かないところで人の世話になっており、また反対に人の役にも立っている。久々にこの映画を観て、見返りを期待するだけではなく真っ直ぐに生きることの大切さを再確認した。それから、人間の成長には数知れない人々が関わっているということも。

e0054938_030283.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-12-30 00:29 | ブック&ムービー
2005年 12月 28日

Trois Pierrot

目黒銀座を抜けたところに1年ほど前にオープンしたフレンチレストラン「Trois Pierrot」。地下にあるのでなかなか見つけづらいですが、こだわりをもつ良いお店です。

まず、とにかく素材にこだわっています。産地直送の魚介類・岩手県産牛肉・茨城産豚肉・契約農家からの有機野菜と妥協を許さない。当然、素材の味を生かした調理法で楽しめます。

それからワインにもこだわっています。壁にはワインボトルが積み上げられ、ソムリエが丁寧に説明をしてくれます。

最後に空間にもこだわっています。決して豪華ではなく、どちらかというと簡素なカンジなのですが、きちんとした料理とワインを家庭のような飾らない雰囲気でいただけます。お店の敷居も低く、いつでも気軽に来られる雰囲気です。一人で来るお客さんのためにカウンター席もあります。

先日もカジキマグロや鴨肉、フォアグラのパテなどこだわりの食材を頂ましたが、なんといっても白子がすごかったです。今まで見たことも無いサイズの白子をトマトベースの味付けでいただきます。これ、とにかく絶品で、年内一杯までしか入荷しないそうです。

白子好きの方は急いで行くべし!!

★★★★★

e0054938_14205735.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-12-28 14:27 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 12月 27日

旬菜 伊酒利屋

伊豆高原の山の中にぽつんと一軒のイタリア料理屋。それが「旬菜 伊酒利屋」です。初めて行った時は正直全く期待しておらず、むしろ歩き疲れてしょうがなく入ったカンジ。が!これが素晴らしいレストランで、大満足。実は先日もわざわざ電車に乗ってまた行ってきてしまいました。

何がいいって、料理が素晴らしい。魚介類はもちろん新鮮だし、お値段も安い。創造性も高く、とにかくハズレがない。何を食べてもおいしいお店です。たとえば下の写真。これ、馬刺しのカルパッチョですが、パルミジャーノのスライスが乗っています。しかも、青ジソのピューレをつけていただくという斬新なものです。とてもさっぱりしていて、馬肉自体も妙に新鮮でした。

e0054938_10184582.jpg



それから次は魚介類のブイヤベース。とにかく具だくさんで、食べ応えがあります。ムール貝、アサリ、イカ、タコ、海老のダシが出たトマトベースのスープは絶品です。

e0054938_10185556.jpg



お次はここのお薦め料理の1つでもある鴨肉の蜂蜜胡椒。蜂蜜といっても嫌な甘さは無く、むしろ鴨の脂との愛称は抜群です。そこに黒胡椒が多めにかかっていて、甘さの中にもちゃんと締まりがあります。二度目にこのお店に行った時は、これがお目当てでした。

e0054938_1019631.jpg



お店自体は小さくて非常にわかりづらく、恐らく地元のお客さんがほとんどなのでしょうが、味は東京でも十分通用します。夫婦二人で経営しているようですが、きっとシェフはそれなりのところで修行してきたのでしょう。少なくともそう思わせるだけの腕とアイデアの詰まった料理ばかりです。

ここでディナーを食べて、海と星を見ながら露天風呂に入る。これだから伊豆高原はやめられない!

★★★★★
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-12-27 09:52 | B級グルメ(その他の地域)