独身貴族のFunky World

funkyworld.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 12日

Yamandu Costa

ブラジルから初来日中のYamandu Costaのライブに2日連続で行ってきた。1日目はブラジル大使館でのプライベートセッション、そして2日目は渋谷のduo music exchangeでの公開ライブ。いやぁ、とにかく度肝を抜かれました。

決して有名ミュージシャンではないが、その卓越したギターテクニックと超越した音楽センスには完全に脱帽です。頭をバットで思いっきり殴られたような衝撃を感じました。若干26歳で天才と呼ばれる彼の音楽は独創性に満ち溢れ、ギターという楽器の概念すら覆します。

楽器を操るアーティストではなく、楽器は彼の体の一部。演奏をするというのではなく、全身で表現をする。そのエネルギーの強さとメロディーの繊細さ、そして天才的テクニックに裏づけされたアーティスティックな構成。音楽は好きなので長年にわたって様々なジャンルを聞いているが、彼との出会いは正直ショッキングでした。

ライブ終了後、J-WAVEの「SAUDE! SAUDADE...」でお馴染みの中原仁氏と天才談義。日本では未だCDデビューを果たしていないが、ヨーロッパにわたる予定もあるとのこと。日本やアメリカではわからないが、ヨーロッパなら間違いなく評価されるであろう。

Yamandu Costa、恐るべし。

e0054938_1226960.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-11-12 10:05 | ファンキーなヒトビト
2005年 11月 11日

Cyber-shot DSC-T7

いろいろあってデジカメを買い替えた。これまで同様にサイバーショットにしたのだが、これが薄い!!

シャツの胸ポケットに入れても厚みの違和感はほとんどない。まぁもっとも重みの違和感は相変わらずあるのだが、、、。

今年中に次モデルのT9が発表されるようだが、デザイン以外のチェンジはない模様。よって、既に市場に出回っているT7を買うことに決めた。

ソニー製品は好き嫌いはあるものの基本的には気に入っている。まぁもっともソニー製品を買い始めると全ての電化製品がソニー製になってしまうというソニー地獄にはまる覚悟は必要です。

カールツァイスレンズ、510万画素、光学3倍ズーム、クレジットカードサイズ。

久々にデジカメをもってお散歩にでも出かけてみます。

e0054938_11243743.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-11-11 11:31 | 僕の散財日記
2005年 11月 05日

Caroline Pover

Carolineが結婚した。彼女は一言で言えば「デキルオンナ」である。

イギリス生まれの彼女は学校の先生としてキャリアをスタートしたが、後に来日。会社を興して自分の足で歩き始めた。今や彼女の名前は業界では知れ渡っており、次々と新プロジェクトを興しては会社を大きくしている。

が、彼女は単なる資本主義の申し子ではなくハートとバランス感覚を持った女性でもある。彼女のマネージメントスタイルは彼女のライフスタイルそのもの。彼女の従業員に対する愛情は彼女の友人に向けられるものと変わらない。

これからも前を向いて歩き続ける女性であり、きっと日本の女性達にとってもポジティブなメッセージを発信し続けてくれると信じている。

Happy Wedding Caroline!!!!!

e0054938_14291365.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-11-05 14:33 | ファンキーなヒトビト
2005年 11月 04日

GHITARO Aoyama

ピッツェリア ギタロー 青山店。お腹がすいたのでなんとなく入ってみた。最近できた店だそうだが、なかなかおいしい。

まずはマッシュルームサラダと生ハム・サラミの盛り合わせでスタート。その後ほうれん草のラビオリをいただき、チキンハムの乗ったピザを食べた。どれも美味しく、ボリュームも満点である。唯一残念なのはサービスレベル。まぁ、まだまだこれからなのだろうが、サービスレベルが上がればもっと良い店になるだろう。

ちなみに、一番最初にオーダーしたミネストローネは結局最後まで出てこなかった、、、。代わりにエスプレッソダブルを2杯ご馳走になったが、、、、、。

★★★☆☆

e0054938_149549.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-11-04 14:11 | B級グルメ(その他の地域)
2005年 11月 03日

Cindy Lauper

東京デザイナーズウィークのイベントでCindy Lauperのライブを観てきた。いやぁ、とにかく懐かしい!

彼女のイメージが最も強いのはUSA for Africaに参加していたころ。当時の彼女は飛ぶ鳥を落とす勢いで次々とヒットをリリース。その独特の歌い方とユニークなルックス、そして自由奔放な性格が世界中で受けた。そんな彼女ももう50歳を過ぎているはずである。

ライブ会場ではなんと一番前の柵にしがみつき、Cindyに手が届く距離。そこで懐かしの名曲を歌い上げる彼女に心酔した。小粒でもピリリと辛い彼女の溢れんばかりのエネルギーと音楽に対する情熱、そして一人の人間としての余りにもナチュラルな姿勢。彼女は過ぎていく時間と上手に付き合っているという印象を受け、なんとなくマドンナを思い出した。

そんな彼女なのでファッションはシンプルになったがその他は余り変わっていないように見えた。とても50歳超には見えない。きっと自然体で自分の心と正直に付き合っているので心身ともに若いままなのだろう。

最高にファンキーな休日となった。

e0054938_13472465.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-11-03 13:47 | ファンキーなヒトビト
2005年 10月 31日

Tokyo Disney Land

久しぶりに東京ディズニーランドに行ってきた。

子どもの頃からディズニーランドに行く時のわくわく度が一番高い。今でもそうかもしれない。これだけ人の心の中に強烈にイメージを植えつけられるのだから強いはずである。

園内はハロウィーン特別バージョンになっており、パレードから食べ物まで全てハロウィーンバージョン。中でもホーンテッドマンションは「The Nightmare Before Christmas」バージョンとして売りになっていた。みんな3時間以上も並んででも見たいようだった。

中に入るまでは「ところどころにジャックとかかぼちゃとかがある程度なんだろうなぁ」と思っていたのだが、なんと全てのストーリーもコンピュータープログラムも展示物もハロウィーンバージョンに変わっていたのだ!いやぁ、さすが夢の国。とにかく莫大なコストをかけてでも客にとっては忘れられない体験を提供するという意気込みを改めて肌で感じた。

ショップやレストランのテナント教育もさすがである。きっとディズニーで働くことに憧れていた人たちなので、みんなファンなのだろう。心からディズニーを愛する人たちがサービスをしてくれる。それもディズニーならではの体験である。

あれだけの施設を運営・管理する会社には相当な苦労があるはず。それでも一切の妥協を許さずに次から次へと人々を魅了していく。これは世界広しといえどもディズニーにしかなせないわざである。

Trick or Treat!!

最高に楽しいハロウィーンだった。そして、全てを忘れて童心に帰ることのできた一日だった。

e0054938_21314991.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-31 21:26 | 僕の散財日記
2005年 10月 27日

英国式足裏健康法

英国式足裏健康法とやらに行ってみた。思いのほか人気があるらしく、名前を書いて順番待ち。1時間程度して戻ると、コースを選んでいざ店内へ。

まずはズボンと靴下を脱いで与えられた短パンに履き替える。スポルディングか何かの短パンで、妙に懐かしい(笑)。そんなことはどーでもいいのだが、着替えが終わると今度は足湯に。肩もみ付きのコースにしたので、足湯に浸かっている間に肩と背中をほぐしてくれる。

10分ほどするといよいよリフレクソロジーのスタート。ホットパックを背中に当てて、レースのカーテンを閉めて、ヘッドホンでヒーリング音楽を聴きながら足つぼを押してもらう。お腹の上にはクッションが乗っているのだが、なんとそれがヘッドホンとつながっていて、音楽に合わせてバイブレーションするのである。全身で音楽の世界に入っていくような不思議な感覚。そっちに夢中になってしまって、あんまり足つぼマッサージは覚えていない、、、(笑)。

小1時間でマッサージが終了すると、ハーブティーをいただいて終了。初めてだったが、たまにはいいのかも知れない。

ちなみに、肩と背中の凝りとストレスを指摘された。あとは冷え性。

要するにぬるめのお風呂にでも入ってリラックスしろということか?さーってと、温泉にでも行って来よーっと。
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-27 22:22 | 僕の散財日記
2005年 10月 21日

DAL-MATTO

何かと話題の西麻布「DAL-MATTO」。深夜帯でも本格的にイタリアンを食すことのできるお店です。

食事のメニューはない。座ると食べられないものだけ聞かれ、あとは食事が勝手に出てくる。俗に言うおまかせコースってやつです。

前菜から手の込んだお料理がでてきてとにかく楽しいです。素材は極力日本産を使っているらしく、調理方法も素材の味を最大限に生かす手法をとっています。なので、創作和食を食べているカンジ。きっと西麻布界隈のおじさまやおばさまにはこのくらいが一番良いのでしょう。

ボリュームも非常に多く、食べきれないほど出てきました。ワインも高いものから手ごろなものまで揃っていますが、ハウスワインであれば飲み放題。コストパフォーマンスも◎です。

六本木・西麻布界隈で深夜に小粋なイタリアンを試したくなったら迷わずDAL-MATTOへ!

★★★★★

e0054938_8531641.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-21 08:36 | B級グルメ(六本木/麻布十番)
2005年 10月 20日

Tio Danjo

恵比寿のスペインバル&レストランの「Tio Danjo」。10周年を迎えるらしいが、本格的スペイン家庭料理をいただける。

1Fがバルで2Fがレストラン。2Fは予約なしではまず入れない。お値段もお手ごろで、メニューもいろいろあるのだが、コースで頼むことをお薦めする。

前菜6品から始まり、食べきれないほどの料理がテーブル上を賑わせる。それこそスペインの祭りのような華やかさで、味も素晴らしい。スペインワインもたくさんそろっていて、家庭的な雰囲気の中で心地よい時間の流れを楽しめる。

スペイン料理は自然と会話が弾む。人と楽しく時間を過ごすのが上手な国の食べ物は例外なく日本人の会話も弾ませる。食が豊かな国は文化も豊かである。

★★★★★

e0054938_930285.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-20 09:40 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 10月 19日

天竺屋台

台湾屋台料理の「天竺屋台」。かれこれ20年近くやっている老舗です。

外観はなんとも怪しい雰囲気が漂ってますが、メニューは多くてお手ごろ価格。いろんなお皿を並べてはターンテーブル回してみたりして。お水もセルフサービスなので基本的には放って置かれますが、それも屋台ならではなのかなぁ?

奥の席の座るとテレビがあって、プロ野球をやってました。台湾人と思われるママに「ホークスはソフトバンクなの?」と聞かれ、その後「王さんはいい人だよねー」と同意を求められる。う~ん、王さんよく知らないしなぁ。ママは台湾人だろうから俺なんかより詳しいはずなのに。

ちなみにこのお店は東京ラブストーリーで完治がリカに「食事してるときくらい仕事の話やめない?」って言ったお店だそうです。

「か~んち!」

懐かしいなぁ。青春だなぁ。。。

★★★★★

e0054938_1939243.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-19 19:44 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 10月 19日

asit

目黒銀座一番街のカフェバー「asit」。アジアンで主にタイ料理なんかを美味しくいただけます。

ビルの2階に昇るとカウンターと座敷が一部屋にコンパクトに収まっていて、アジアン家具と落ち着いた照明の中でゆっくりのんびりお食事ができます。

この間なんかアジアンな雰囲気に居心地が良くなってしまって、滅多に飲むことの無いピーニャコラーダなんか頼んじゃいました。グラスにはピンクのお花もついてきて、ちょっとオトメ(笑)。リゾートホテルのプールサイドでサングラスをかけて飲みたいなぁと独り言。

ふらっと寄ってアジア料理とオトメ心(?)を楽しめます。

★★★★☆
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-19 19:39 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 10月 18日

BEL AMER

ナカメの居酒屋の並びに突如出現したチョコレートブティックの「BEL AMER」。八雲とか代官山とかにあるお店です。

早速ホットチョコレートを飲みに行ってきました。あんまり寒くない日だったのですが、その優しい甘さと暖かい香りととろけるような舌触りに幸せ感絶頂!ちょっとお高めではありますが、そのくらいの方がありがたみがあるというもの。

寒さが増すこれからの季節にはもってこいです。真夏は、、、、、まぁ、そのとき考えましょう。

★★★★★
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-18 17:19 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 10月 14日

KOTATSU

麻布十番にオープンした串焼き屋「KOTATSU」。AW Kitchenと同じ会社がプロデュースしているはずです。権八とかも一緒です。

お薦めは野菜。特にバーニャカウダは絶品です。オクラ、ナス、カブ、キュウリなどを生で美味しくいただきました。博多出身店長のお調子トークを肴に楽しく美味しく飲めるお店です。

来年になると今度は表参道ヒルズに出店です。

健闘を祈る。

★★★★☆

e0054938_15373016.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-14 15:37 | B級グルメ(六本木/麻布十番)
2005年 10月 13日

Q

東京カレンダー絡みで恵比寿にオープンした立ち飲みフレンチの「Q」。広くはありませんが、シンプル&モダン&スタイリッシュでちょっとお洒落に飲めるお店です。

最近続々と立ち飲み屋が出現していますが、いったいどーなっているのでしょう?お店側からすればスペースは有効活用できるし、回転率も上がるはずなので総売上は上がるのかな?でも客単価には限度があるだろうし。

とにかく雨後のタケノコのようにオープンしている立ち飲み屋の中でもお洒落部門に入るお店です。

★★★★☆

e0054938_15473441.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-13 15:45 | B級グルメ(中目黒/恵比寿)
2005年 10月 12日

三幸園

麻布十番の老舗焼肉屋「三幸園」。創業三十余年のその底力は大したものです。

お肉はどれも新鮮で、はずれはありません。お勧めは上カルビ。薄めのスライスなのですぐに焼けます。とにかく上質な脂が程よくのっていておいしいです。

あと、肉以外で必ずオーダーするのがセロリのキムチ。もともとセロリ好きではあるのだが、キムチとなると一際おいしくいただけます。

仕上げはクッパかビビンバでおなか一杯!

レジ横では老舗ならではの特製焼肉のタレも販売しています。

★★★★★

e0054938_18391382.jpg
[PR]

# by masakatsuyamamoto | 2005-10-12 18:42 | B級グルメ(六本木/麻布十番)